2016年08月26日

原宿ニッポン商店

こんにちは!まだまだ暑い日が続いておりますが、皆様、体調はいかがでしょうか?

本日は、そんな暑い日にぴったりの話題をひとつ。

そうです、『和氷』のお話です。

・・・『和氷』?なんだそれ?

と思われた方は、こちらをチェック!!

実は今、雅正庵原宿店が、期間限定で東京の原宿にオープンしているのです!!

原宿ニッポン商店

私も実際に行ってきました!

私が立ち寄ったこの日は、気温31℃の真夏日。

お店に到着した時点で、すでに『和氷』を食べていらっしゃる方がちらほら。

雅正庵原宿店

もちろん、私も『和氷』を注文。

普段は、静岡市内の雅正庵でカフェスタッフとして美味しいパスタやおそば、パフェをつくっている小田さん。この日は、原宿店で『和氷』をつくっていました。

小田さんと「づ」

じりじりと肌を焼く太陽。上がる気温。待つこと数分・・・ついに私の『和氷』が!

小田さんと「和氷」

ミニチュアの和傘がとってもキュート!かわいいっ!

働く小田さんと和氷

こちらはかき氷です。

かき氷は、底の部分の抹茶と、真ん中の氷の白さのコントラストが抜群で、とってもキレイ!!

私はピンク色がとっても鮮やかないちごのかき氷にしましたが、マンゴーのかき氷はオレンジイエロー。抹茶のグリーンとマッチして、こちらもまたテンションの上がるカラーになっています。

本当に、飾っておきたい程の美しいコントラスト。ガラス細工みたいな輝きですが、『氷』。食べねば。

皆様にも是非、実物をお店で見ていただきたいです。

 

今回の原宿出店は、おちまさと氏監修の「原宿ニッポン商店」第一弾企画として、雅正庵が選ばれたことから始まりました。

「日本」「和」をコンセプトに、“KAWAII”文化とともに世界に広めてほしい日本の素材・技が一同に集まるお店、それが「原宿ニッポン商店」です。

その第一弾、静岡代表として選ばれた雅正庵。

振り返ってみれば、商品の試作を繰り返した日々も思い出深いものです。

そうして完成した『和氷』。

おかげさまで、行列が出来るほどの繁盛ぶり。小田さんも忙しそうです。

行列

ちなみに、“抹茶”というところだけが静岡らしさじゃないんです。

この「さくら棒」。静岡っ子ならば誰しもなじみがあるであろう、そう、あのピンク色の麩菓子です。

和氷のさくら棒

『和氷』に添えられているのは3cmほどのさくら棒ですが、静岡には約80cmのさくら棒があり、それがお祭りのときに屋台に吊るされて売られている光景は、静岡県民にとって「故郷の景色100選」ランクインの景色ではないでしょうか?少なくとも、私はそうです。

ツイッターでも、この「さくら棒」に触れてくださったお客様がいらっしゃいました。ありがたいことです。

そんな【雅正庵原宿店】は、9月30日までの限定出店となっております。

お近くにお住まいの方や、お近くに行かれた際には、どうぞ「ほっ」と一息、お立ち寄りくださいませ。

 

最後になりましたが、日本を代表する情報発信地のひとつである原宿で、静岡代表として出店させていただけること、本当に光栄に思っております。

これもひとえに、皆様方が「おやいづ製茶」を愛してくださっているおかげです。心より御礼申し上げます。

私たち「おやいづ製茶」はこれからも、「ほっこり」をあなたに提供する身近な存在でありたいと思っております。

comment

ABOUT THIS BLOG

小柳津清一商店のオフィシャルブログ。
イベントや社内風景など日常を綴ります。
オフィシャルサイトはこちら

COMPANY PROFILE

本 社
〒421-0101
静岡県静岡市駿河区向敷1198-1
TEL:054-259-6775

東 京
東京営業所
東京都中央区八丁堀1-4-5
幸和ビル5階

大 阪
大阪営業所
大阪府東淀川区東中島1丁目17-5
ステュディオ大阪4階443号室