2018年05月02日

平成最後の八十八夜

こんにちは。本日は、5月2日ということで、「八十八夜」の日です。

「八十八夜」とは、立春の日から数えて「八十八日目」にあたる日のことで、雑節といわれる、二十四節気以外に、季節の変化の目安とする特定の日の総称とされる「雑節」のひとつです。
※雑節には、 他にも、「節分」や「土用」「彼岸」などがあります。

実は、年ごとに日にちが変わるのですが、2018年の今年は、5月2日が「八十八夜」にあたります。

古くから、「八十八夜」というのは、春から夏に移る節目の日、夏への準備をする決まりの日、縁起のいい日とされてきました。

なぜ「縁起のいい日」とされているのか、その理由は諸説ありますが、「末広がり」の姿をしていることから幸運を呼ぶとされてきた「八」の字が、二つ重なった「八十八夜」は、それだけに縁起のいい日と考えられていました。

また、「八」は数字の「8」に変換して横にすると「∞」となり、「無限」を示す記号にもなりますので、「幸運が無限に続く」という意味を持つ、とも言われています。

 

ところで、「八十八夜といえばお茶摘み」というイメージが広まったのは、「夏も近づく八十八夜・・・♪」という歌詞で茶摘みを歌った唱歌の影響が大きいと思いますが、実際には、お茶の産地ごとに、お茶摘みの時期は異なります。

前回のブログでも書きましたが、おやいづ製茶がある静岡市では、4月の中頃~下旬頃に新茶の初取引が行われ、八十八夜の日、今がまさに最盛期となっております。

この、お茶摘みの最盛期である八十八夜ですが、縁起を担ぐという意味でも、気候条件の意味でも、極上のお茶ができる時期、と言われております。

その理由ですが、お茶の新芽には、前の年の秋からひと冬を越えて蓄えられた成分があふれているためです。

新茶ならではの若々しい香りが失われないよう、「鮮度命」で仕上げられた一番茶は、ゆったりと寛いでお飲みいただくのに最適なお茶に仕上げております。

さらに、一番茶には、二番茶以降のお茶よりも、「うまみ」の主成分であるテアニンなどを豊富に含んでいるため、リラックス効果も高いと言われております。

お茶に限らず、初物や旬のものを食べると体に良くて長生きする、といいわれておりますが、新茶や八十八夜のお茶も、不老長寿の縁起物として、贈り物にたいへん喜ばれるお茶です。

大切なご家族やご友人へ、「いつまでも元気で長生きしてくださいね」という願いを込めた、この季節限定の贈り物をされてみませんか?

また、春から夏に変わる準備をはじめる季節を告げる、季節のお便りとしても最適な一品です。

 

そして、今年2018年の5月2日というのは、実は、平成最後の八十八夜の日になります。

来年2019年の5月2日は、新元号で迎える最初の八十八夜の日になります。

そう考えると、なんとも感慨深い気持ちになるのは私だけでしょうか?

毎年、八十八夜はやってきます。

けれども今年はちょっと違う。

平成30年の歩みを振り返りながら、平成最後の八十八夜茶を味わってみるのも、

今年ならではの愉しみかたかもしれませんね。

 

新茶、八十八夜新茶は、雅正庵各店舗、または、おやいづオンラインショッピングサイト【新茶特集】にて、ご購入いただけます。

comment

ABOUT THIS BLOG

小柳津清一商店のオフィシャルブログ。
イベントや社内風景など日常を綴ります。
オフィシャルサイトはこちら

COMPANY PROFILE

本 社
〒421-0101
静岡県静岡市駿河区向敷1198-1
TEL:054-259-6775

東 京
東京営業所
東京都中央区八丁堀1-4-5
幸和ビル5階

大 阪
大阪営業所
大阪府東淀川区東中島1丁目17-5
ステュディオ大阪4階443号室